中小企業の管理部門に必要なことって?

中小企業の管理部門の仕事(経理、総務、人事、法務等)の考え方ややりがいについて、中小企業・ベンチャー企業の
プレイングマネージャーとして30年近く働いてきた経験の中での役立つ知識、失敗談なども交えて紹介したいと思います。

経営分析

管理会計のための知識1:貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、他

管理会計を導入して会社の経営に役立てるためには、決算書の知識が必要ですので、まずはその説明をしたいと思います。

1.貸借対照表;B/L(Balance Sheet)
①財政状態を表します。
 ある時点(決算書なら決算日など)の資産、負債、資本の状態を表します。
 資産=負債+資本
 資産-負債=資本

 ※短期間で現金化できる資産を“流動資産”、
  活動基盤となる土地、建物、機械、車、特許権などを“固定資産”といいます。
②資金の調達と使途を表します。
 負債と資本は、資金がどこから調達されてきたか、資産はその資金がどのように使われているかを表します。
続きを読む

管理会計を充実させて会社を継続させましょう!

以前、『経理・財務』って何でしょうか?で書きましたが・・・
会社の経済活動や関連する事象を貨幣額で測定して、記録して、伝達(報告)する行為の事を『会計』と言います。

この企業会計で、社内の経営資料として作られるものが『管理会計』と言われるものです。
今日は、『管理会計』について、記載したいと思います。

具体的に管理会計は、一定の計画を立てて、その目標に向けての活動を実施した結果を評価して、次の対応策を考えるという一連のプロセスになります。
その計画・結果を数字や金額で表現します。

『財務会計』は、商法や税法に判断や評価基準が定められており、債権者や利害関係者を保護するためであり、税金計算が公平に行われるように規定されています。
一方、『管理会計』は、法律などによる規制はありませんので、自社の経営目的にあった自由な部門分けや計算方法で管理して業務の改善に役立てるために行います。
続きを読む
プロフィール

管理部CD

スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


カテゴリー
スポンサードリンク
スポンサードリンク

経理・会計・税金ランキング