会社が経営資源を効率的に使っているかどうか?を判断するのに使うのが、回転率の分析です。
経営資源が取引量と比べて偏りはないか?など有効に活用されているかどうかを表します。

1.総資本回転率
総資本回転率

この(総資本回転率)は、いくらの資金を投資して、いくらの売上をあげたかを表します。
少ない資金の投資で、たくさんの回数の商売をすれば効率が高いということです。
先日記載した“管理会計のための知識2:収益性の分析”の“総資本経常利益率”は、この(総資本回転率)と“売上高経常利益率”をかけたものでした。
①収益分析経常利益率

つまり収益性を良くするためには、売上げに対する経常利益の比率を高めるか、少ない投資で何度も事業を行って回転率を高めるか、のどちらかもしくは両方をしていく必要があります。

飲食店でもお客様の回転が良いお店は、短時間で売上げを上げるということです。
2.経営資本回転率
経営資本回転率

この(経営資本回転率)は、総資本のうち経営活動に利用していない遊休資産や建設仮勘定を除いた残額の経営資本と売上高を比べて経営の効率性を表します。

経営資本=総資本―遊休資産・建設仮勘定

3.売掛債権回転率
売掛債権回転率

この(売掛債権回転率)は、売掛債権が何回回収されたかを表します。
この指標の数値が大きいほど売掛金や受取手形が短期間に回収されているということになります。

この(売掛債権回転率)と同じ内容を期間で表す場合は、
売掛債権回転期間

この(売掛債権回転期間)は、売掛債権の回収期間を表しますので、この期間が短いほど回収が早く会社の資金繰りは、円滑で支払能力が高いことを表します。
逆にこの期間が長いといくら売上げを上げていても資金繰りが苦しくなるということがあります。

4.買掛債務回転率
買掛債務回転率

この(買掛債務回転率)は、買掛金や支払手形の金額が適切かどうかを表します。
この指標で仕入高に対して、買掛金と支払手形が年間何回あるのかを表し、(売掛債権回転率)と比べて、回収の早さと支払のタイミングの関係を見て、適切かどうかを判断します。

この(買掛債務回転率)も同じ内容を期間で表す場合は、
買掛債務回転期間
この(買掛債務回転期間)は、買掛債務の支払期間を表しますので、この期間が長いほど資金繰りは、余裕を持てることになります。
もちろん取引先との支払期日を守った上での話です。

5.棚卸資産回転率
棚卸資産回転率

この(棚卸資産回転率)は、売上げに対して、棚卸資産の残高が適切かを表します。
売上高に対して、少ない在庫でたくさん売上げを上げる事ができれば、経営効率は良いということになりますから、この比率は回数が多いほど在庫の回転率が高いことを表します。
また過去と比べて在庫状況の確認ができます。

この(棚卸資産回転率)も期間で表せます。
棚卸資産回転期間

この(棚卸資産回転期間)は、期間が短いほど在庫の効率がいいという事になります
※棚卸資産の回転率や回転期間の計算で、売上高の代わりに売上原価を用いる場合もあります。売上げ原価に対して何か月分の在庫があるか表します

6.固定資産回転率
固定資産回転率

この(固定資産回転率)は、固定資産の利用の効率を表します。
少ない固定資産で多くの売上を上げるのが望ましいので、この指標は大きいほど良いという事になります。

同業他社とも比較してみて下さい。
総務省統計局
スポンサードリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字