小さな会社で『法務』を一部署として置いているところは、なかなか無いとは思いますので、『管理部門』として、管理部や総務部が弁護士に相談して対応するところが多いと思います。
法律

ただ仕事としては、主に会社の“法”に関わることですので、とっても重要です。

主に契約書の確認や作成、取引相手との契約内容の合意に至るまでのやり取りなど折衝にあたったり、また折衝する人に説明したりという知識だけでは進まない相手のある事を自社に不利にならない落としどころを見つける、という大変さがあります。

小さな会社といえども、取引にあたっては、きちんと事前に取引条件を決めて書面にするなど対応をしておくことによってトラブルを回避することが、果ては会社を守って、そこで働く全従業員を守ることにもつながります。

また権利関係の手続きや管理があります。
何を権利として取得しておくべきか?の判断なども必要です。
これも事前に権利を取得しておくことで、トラブルの回避につながることもあります。

小さな会社でも後継者への引継ぎ時の株の取り扱いや企業買収や合併などの問題が出てきた時も『法務』の出番です。

あと従業員に法律を守ってもらうために教育や研修を行うこともあります。
『個人情報の保護』ですとか、『セクハラ防止』などなど・・・の規定やマニュアルを作成したりします。
問題があった時に相談窓口になり、問題の解決にあたるという事もあります。

社外との紛争が起こった時の対応や被害を被った時に訴え出るなど紛争対応の仕事も『法務』の仕事です。

そのように“法”に関わる全般が、仕事になりますので、法改正が行われることなどの情報収集も必要になります。

法的な知識だけでなく、業界の知識や対応能力も必要となるやりがいのある仕事です。


スポンサードリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字