一般的に『総務・人事』は、主に従業員に対しての業務を行う仕事となります。
会社によっては、『経理・財務』などの業務も担っている場合もありますし、『総務』と『人事』が分かれているところもあります。
総務人事

『庶務』というのもありますが、これは『総務』とどう違うのでしょうか?
庶務というのは、こまごまと日々おこる雑用や雑務を処理する仕事です。
とは言ってもなくてはならない必要な業務です。
なくなった消耗品の交換から、来客の対応など・・・各部署で発生するので、各部署の新人が対応したり、各自で処理したり、取りまとめて『総務』が処理をしたり、その対応も会社によります。

『総務』は、従業員が毎日安心して働く環境を整備し、会社が運営されていくように手続きやら規定や様式の策定や整備などの業務があります。

また『労務』も『人事』とどう違うのでしょう?
小さな会社で、これらを分けて考えているところはないと思いますし、法的な規定のようなものもありませんが、あえて言えば、『労務』は、規則や組織に対する対応で、『人事』は、従業員個々への対応といったかんじでしょか。

『人事』は、会社に必要な人員を確保して、適材適所に配置し、評価したり、賞罰を含めた対応をしたりします。

総務・人事の代表的な業務では、
・従業員の入退社の手続き
・社内規定作成
・従業員教育
・役員のスケジュール管理(秘書業務)
・社内行事の計画、実行
・株主総会、役員会など会議の準備と進行、議事録作成
・備品や資産の管理
・慶弔関連の手配、準備
・従業員の募集、採用
・従業員の配置転換
・給与計算
・会社移転、支店増設等の準備、手配、手続き
・贈答品の準備、手配、管理
・会社変更登記手続き
・福利厚生の整備

などなど色々書きましたが、会社の規模や業種によって様々となります。

スポンサードリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字