『会計』と『経理』『財務』って、どう違うのでしょうか?
帳簿

会計とは、会社などの経済活動や関連する事象を主に貨幣額で測定して、記録して、伝達(報告)する行為のことです。
この伝達(報告)された情報は、“会計情報”と言われます。

企業においては、“企業会計”と言われ、“財務会計”と“管理会計”に分けられます。
この二つの違いは、“財務会計”は外部へ報告するもので、“管理会計”は社内経営資料とするものという事です。

財務会計は、外部への報告なので、企業会計原則、商法、法人税法など関連法令の規制を受けます。

そして『経理』とは、この会計業務の中で、日常的な金銭の出入りから決算業務に至るまでの起票や請求書の発行などの業務をすることを言います。

わかりにくいですね。
会計は、もう少し広義の意味で、特に管理会計などは、経営戦略を考えるために予算をたてて、予算と実績の比較管理をしたり、資金繰り表を作って資金計画をたてたり、新製品投入のシミュレーションをしたり・・・経営企画室がある会社は、そんな部署が担当するような仕事といえば、少しわかりやすくなるでしょうか?

でも小さな会社は、そんな部署が別にあるところはまれなので、予算や資金計画も経理がやるので、あまり気にする必要はないと思います。
中小企業の経理は、会計も経理も財務やっている、という感じでしょうか。

『財務』は、主に資金調達をすることです。あと運用などです。
“財務会計”で作成された資料を基に銀行や投資家から資金を調達するような仕事となります。

スポンサードリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字