一般的に管理部門とは、売り上げに直接かかわる商品を作っている工場や製造部門、商品を売っている営業部門や販売部門、お店などの直接部門(ライン部門)以外の経理・財務や総務、人事、法務、庶務などの直接部門の業務や経営の仕事がスムーズに進むようにサポートをしている部門の事で間接部門とかスタッフ部門、事務部門、バックオフィスとも言われます。『管理部門』って何でしょうか
月次決算の勧め

一般的に管理部門とは、売り上げに直接かかわる商品を作っている工場や製造部門、商品を売っている営業部門や販売部門、お店などの直接部門(ライン部門)以外の経理・財務や総務、人事、法務、庶務などの直接部門の業務や経営の仕事がスムーズに進むようにサポートをしている部門の事で間接部門とかスタッフ部門、事務部門、バックオフィスとも言われます。

会社によって、部署の分け方は様々で管理部として間接部門を取りまとめている会社もあれば、管理部門をそれぞれの部署に分けている会社もあります。
経理の中に営業事務や業務部があったり、総務の中に経理があったり、経営企画や商品開発、など業種によって特別な部門があったりもします。

組織が大きくなればなるほど細かく分かれることもあるようですが、中小零細企業は、管理部とか経理部、総務部として、会社全体の事務業務全般を担っているところが多いと思います。

経営方針を決めるための参謀的な仕事をすることがあったり、経営戦略の指標になるデータを作成したり、会社で働く人の手続きや福利厚生など縁の下の力持ち的な仕事をしたり、歓送迎会や社員旅行の手配など仕事内容は多岐にわたります。

管理部門のそれぞれの部署が、しっかり機能しているか?いないか?で会社の将来が決まるほど大切な部門でもあります。

折角、営業や販売が売り上げを上げても、経費やコストの無駄があるなど社員のモチベーションが下がるようなことばかりの会社では将来が心配です。

売り上げを直接上げない部門とはいえ、投資のチャンスの時に資金の調達をしたり、経費削減により利益率を上げたり、社員のモチベーションを上げる福利厚生のしくみや評価制度を導入したり、管理部門で働く人の考え方や働き方次第で、売り上げを上げるのと同等の成果を出すこともできます。

会社は、売り上げを上げている直接部門がえらいとか、情報の集積されてくる管理部門がえらいとか、どちらがえらいではなく、両輪がうまくかみ合っていくことこそが大切だと思います。
そんな“管理部門”のやりがいを伝えられたら、と思います。



スポンサードリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字